ヒト臍帯血細胞順化培養液とは?

-「臍帯血」とは?-


臍帯血」とは妊婦と胎児をつないでいる、へその緒や胎盤の中に含まれる血液のことで、臍帯血には「幹細胞」が豊富に含まれており、様々な疾患の治療で注目されています。

臍帯血由来の培養液は、増殖成分であるGDF-11の発現が脂肪由来の60倍以上高いという結果がでています。

 

-「ヒト臍帯血細胞順化培養液」とは?-


臍帯血幹細胞を培養し、培養工程で上清液に放出された成長因子を濃縮したものが「ヒト臍帯血細胞順化培養液※」です。

※「ヒト臍帯血細胞順化培養液」には臍帯血や幹細胞などの細胞成分そのものは含まれていません。

臍帯血幹細胞は89種類ものタンパク質で構成されており、原料メーカーの実験では、増殖成分であるGDF-11の発言が確認されています。

 

-世界が大注目!!若返りタンパク質 GDF-11-


GDF-11とは、成長因子として繊維芽細胞やコラーゲン、エラスチンなど皮膚の再生に重要となる成分を増殖させるといわれています。

人間の「細胞を増殖させる」には、「ヒト由来」でなければならない

ということです。

GDF-11は、若返りタンパク質として注目されており、あの世界最高権威の学術誌である「ネイチャー」「セル」「サイエンス」にも論文が掲載されている成分です。

 

※安全性を確保!!

ヒト由来成分のため、厳重な安全試験が必要!!

食品医薬品安全処の告示第2017 3

“化粧品の安全基準などに関する規定”をもとに、毒性実験やウイルス検査を行っています。